イヴ・サンローランのフォーエバーリブレイターシリーズを使って保湿力実験をしてみました。

加齢とともに減少する「グリカン」に着目し、独自の複合成分「グリカンアクティブ」を開発しました。

グリカンアクティブCP*が的確にダメージへアプローチしてくれるそうです。

*カラギーナン、ラムノース、ヒドロキシプロピルテトラヒドロピラントリオール、ポリアクリル酸ホスホリルコリングリコール、ヒアルロン酸Na

 

今回も水分量・油分量が時間とともに、どんなふうに変化するのか肌チェッカーを使って調べてみたいと思います。

長時間保湿されているのか。

途中で乾燥していないか。

油分が多すぎ、あるいは少なすぎていないか。

サンプル使用です。

フォーエバー リブレイターエッセンスローション⇒リブレイターYセラムN⇒リブレイターYクリームの順番で使ってみたいと思います。

 

色々な条件により結果は変わると思いますので、参考程度にみてくださいね。

チェックする時間は、洗顔後とスキンケア直後の21時、1回目測定が22時、2回目が23時、3回目が24時、翌朝です。

*私個人の感想、結果であり効果を保証するものではありません。

イヴ・サンローランのフォーエバーの保湿力実験

洗顔後の肌チェック結果↓

スキンケア直後の肌チェック結果↓

水分量が非常に高いです。

スキンケア1時間後の肌チェック結果↓

スキンケアが肌に馴染んできましたね(^^♪

油分量が少し高めです。

スキンケア2時間後の肌チェック結果↓

1時間前とほとんど数値が変わりません。

スキンケア3時間後の肌チェック結果↓

ほとんど数値が変わっていません。しっかり保湿効果が持続している証拠ですね(^^♪

翌朝の肌チェック結果↓

イヴ・サンローランのフォーエバーの保湿力実験の結果

スキンケア直後から翌朝までずっと水分量が高かったです。

油分量が春の理想的な数値に比べると高かったですが、べたつくという感じはありませんでした。

 

春の理想的な数値↓

春の理想的な数値

べたつきはしませんが、油分量が多めなのは事実なので、脂性肌の方やニキビが気になる方は注意が必要かもしれません。

水分量 油分量
スキンケア直後 50% 16%
スキンケア1時間後 49% 32%
スキンケア2時間後 48% 31%
スキンケア3時間後 47% 31%
翌朝 42% 28%

このことからイヴ・サンローランのフォーエバーリブレイターの保湿力は高く、保湿効果も長時間持続するという結果になりました。

イヴ・サンローランのフォーエバーの特徴

加齢とともに減少する「グリカン」に着目し、独自の複合成分「グリカンアクティブ」を開発。

グリカンアクティブCPが的確にダメージへアプローチ。

とありますが、グリカンとはなんでしょうか。

グリカンは肌細胞の表面に存在するのですが、加齢とともに減少します。

それによって皮膚が老化してしまうんです。

グルカンを含む市販の化粧品では、細胞内の糖質の情報伝達を応用したイブ・サンローランのアンチエイジングライン「フォーエバー」が有名。製品に「グリカンアクティブ」を配合し、グリカンの生成と代謝を促進、皮膚構造の改善を目指すものという。

参照元:https://bhn.jp/news/28668

フォーエバーリブレイターエッセンスローション

少しとろみがある化粧水です。

肌がしっとりモチモチになりました。

ベストセラー化粧水です。

全成分:

フォーエバーリブレイターYセラムN

こってり濃厚な美容液です。

お肌を引き締める効果があるそうです。

全成分:

フォーエバーリブレイターYクリーム

意外にサラッとして、べたつかないクリームでした。

肌を引き締める効果があるので、たるみ予防にいいかもしれません(^^♪

全成分:

 

気になる皆さんの口コミは