万能調味料「玉ねぎ味噌」の作り方や効果!長生き味噌汁もおすすめ!

南極料理人のレシピ「玉ねぎ味噌」

玉ねぎ味噌

玉ねぎ味噌、玉ねぎ味噌漬け、呼び方は色々ありますが、玉ねぎ味噌の作り方や効果、実際に作ってみた感想、同じく玉ねぎを利用して作る長生き味噌汁の作り方を紹介してみたいと思います。

作り方はとっても簡単なのに、とっても使える万能調味料なんですよ~(^^♪

生の玉ねぎは食べにくいという方にもおすすめです。

玉ねぎ味噌の作り方

<材料>

玉ねぎ1個につき味噌を大さじ1(山盛り)

<作り方>

玉ねぎの皮をむき、繊維に沿って薄切りにする。

玉ねぎと味噌を混ぜる。

混ぜたら、少し時間をおいて馴染ませる。

15分に1回くらいの感じで休み休み混ぜる。

玉ねぎがしんなりして、味噌がトロッとした出来上がり。

そのままでもいいし、ザルにあげて冷蔵庫で一晩水切りすると保存がしやすくなります。

冷蔵庫で2週間程度保存できます。

長期保存したい場合は、冷凍庫にいれます。

作ってみました!

玉ねぎを薄切りにします↓

大きめの玉ねぎだったので、味噌も少し多めで(^^♪

混ざりにくいですね↓

馴染むまで少し時間をおいてから、再び混ぜます。

15分くらいすると玉ねぎがしんなりしてきました↓

あまり水分がたまっているように見えなかったので、水きりはしませんでした。

翌朝の玉ねぎ味噌です↓

玉ねぎ味噌

良い感じにしんなりしてますね(^^♪

辛みが抜けて、食べやすくなっていました。

ご飯にのせて食べたら、美味しかったですよ~

ご飯に玉ねぎ??と思うかもしれませんが、ぜひ試してみてください!

ご飯が進みます(^^♪

作り置きしておくと便利な常備菜だと思いました。

玉ねぎ味噌の効果

玉ねぎも味噌もそれぞれ健康に良いことはよく知られていますね。

まずは玉ねぎの健康効果から見てみましょう

・血流改善

・血管が硬くなるのを伏せでくれる

林修の今でしょ講座で、血管にいい玉ねぎの食べ方について紹介されていました。 人気の酢玉ねぎの作り方や、玉ねぎの健康効果、玉ねぎ...

これを見てもわかるように、玉ねぎを血管の健康にとてもいい効果をもたらしてくれます。

味噌の主原料は大豆です。

だから味噌にはたくさんの栄養が含まれているため、色々な効果も期待できるんです。

一例です↓

・老化防止

・血圧の上昇を抑える

・がん予防

など。

玉ねぎと味噌の組み合わせが最強なことがわかりますね(^^♪

玉ねぎ味噌の食べ方

玉ねぎ味噌はそのままでも食べることができます。

ご飯のお供にしても、トーストにのせて焼いても美味しい。

その他には冷奴や、肉や魚のソースにも使えます。

もちろん味噌汁にしてもいいですね(^^♪

意外に色々使えるので、飽きずに食べられるんじゃないかと思います。

玉ねぎと味噌の組み合わせで、もう一つテレビで紹介されて人気になった「長生き味噌汁」というものもありますね。

こちらの作り方も紹介したいと思います。

長生き味噌汁の作り方

<材料>

赤味噌80g

白味噌80g

玉ねぎ1個

リンゴ酢 大さじ1

<作り方>

玉ねぎはすりおろします。

すりおろした玉ねぎに赤味噌、白味噌、リンゴ酢を混ぜ合わせます。

製氷機に入れて冷凍庫で凍らせます。

2週間くらい保存が可能。

これがあれば、いつでも美味しいお味噌汁が飲めますね。

玉ねぎは体にいいので、色々な関連商品が出ています。

皮にも栄養があるんですよ↓

国産たまねぎ皮粉末100%

玉ねぎスープが簡単に飲めますね↓

永谷園 業務用 たまねぎスープ 50P

サプリメントで摂るという方法もあります↓

オリヒロ 玉葱エキス粒 お徳用 600粒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする