カニカマはタンパク質豊富な優秀食材!カニカマのアヒージョが食べたい!

林修の今でしょ講座で、カニカマが優秀な食材として紹介されていました。

元気な高齢者の冷蔵庫には、カニカマが入っているんだそうですよ!

意外ですよね。

実はカニカマはタンパク質が豊富で、栄養満点な食材なんです。

でもカニカマは着色料が入っているのでは?栄養が少ないのでは?と思われがちです。

そんなカニカマの魅力を紹介したいと思います。

カニカマ

カニカマにはタンパク質が豊富!

カニカマはタンパク質が豊富なので、筋肉におすすめなんです。

65歳以上の女性19人が3ヶ月カニカマの原材料のスープを毎日摂取したところ、19人中15人の筋肉量がアップしたという研究結果があります。

タンパク質を摂取するだけでも、筋肉に影響を与えるんですね。

タンパク質だけじゃなく、運動も大事です。

筋肉をつけるためには、運動後30分以内にタンパク質をとるのがおすすめです。

カニカマはスケトウダラのすり身からできています。

どこでもすぐ食べられるのが魅力ですね。

さらにカニカマは消化によく、脂肪がほとんどありません。

お肉を食べにくい高齢者もタンパク質がたくさん摂ることができます。

カニカマの着色料

カニカマは赤い色をしているので、体に良くない着色料を使っているのではと思っている人が多いです。

実はカニカマの赤い色は、トマトやパプリカから抽出した体に良い色素成分なんです。

私が購入したカニカマ↓サラダ アラスカは、紅麹色素を使用しているようですが💦

カニカマ

様々なカニカマが発売されているので、購入するときは原材料まで確認したほうが良さそうです。

↓こちらのカニカマはトマト色素、パプリカ色素 を使用しています。

カニカマの注意点

タンパク質が豊富で優秀な食材であるカニカマですが、ひとつだけ欠点があります。

それは、塩分が多いこと!

大きいサイズなら1本、小さいサイズなら5から6本が1日に食べる目安です。

減塩もありますね↓

サラダ アラスカは塩分50%カットしています。

カニカマ 塩分

カニカマ 減塩

SNSで話題!カニカマのアヒージョ

SNSでカニカマのアヒージョが人気です(^^♪

スペインでは、カニカマのアヒージョは定番なんだそうですよ。

美味しそうなレシピを見つけました↓

アヒージョにはエビやホタテ、イカといった魚介類の相性がピッタリ!ならばカニカマが合わないハズがありません。今回はカニカマを使った簡単美味しいレシピをご紹介します

作ってみたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする