ネルパックおこめ長持ちセットを使って、お米を長期保存してみました。

ネルパック、おこめ長持ちセットを使って、お米の長期保存に挑戦してみました!

ネルパックおこめ長持ちセット

地震や災害に備えて、備蓄が必要ですよね。

我が家は家族4人分の食料の備蓄が必要です。

缶詰やアルファ米なんかも用意していますが、お米も必要です。

ですが、お米は生鮮食材です。

長持ちしそうなイメージですが、美味しく食べられる期間は意外に短いんです💦

お米の賞味期限、ネルパックを使ったお米の長期保存方法について紹介したいと思います。

お米の賞味期限

お米の袋には、精米年月日は書いてありますが、賞味期限は書いていませんね。

賞味期限は美味しく食べられる期間

消費期限は安全に食べられる期間です。

お米は暖かい時期なら1ヶ月、寒い時期は2ヶ月が賞味期限です。

意外に短いことに驚きますよね。

未開封でも同じです。

お米の袋には未開封でも空気穴が開いています。

このため未開封でも開封後でも賞味期限は同じなんです。

美味しく長期保存ができないと、お米の備蓄ができませんね💦

普段我が家は5キロのお米を買っています。

備蓄用にさらに2袋買って、順番に使っていくとしても、どんどん古くなってしまいます。

2ヶ月以上経っても食べられますが、味が落ちるような気がします。

どうしたら美味しくお米を長期保存ができるのか調べた結果、ネルパックおこめ長持ちセットというものを使うと、簡単に長期保存ができるそうなので、さっそくアマゾンで購入してみましたよ♪

ネルパック おこめ長持ちセット

「一色本店 玄米・白米などの穀物の鮮度保持 おこめ長持ちセット 5kg用 3枚入り 」

10kg用、30kg用の袋もあります。

我が家は5kg用を購入しました。

エージレスは、空気中の酸素を吸収除去する脱酸素剤(生鮮保持剤)です。

容器内の酸素をゼロにすることによって、食品のカビ、酸化、変質、変退色や害虫の発生をふせぎ、食品のつくりたての生鮮さ、おいしさ、栄養分をながく保ちます。

<セットの内訳>

・お米用エージレス3袋

・酸素検知剤エージレス・アイ3袋

・専用袋 3袋

・クリップ 3本

ネルパック

ネルパックの使い方

ネルパック使い方

お米を袋に入れます。

エージレスとエージレス・アイを袋から取り出します。

エージレスアイ

袋から取り出すと↓

お米を入れた袋に、エージレス(右)とエージレス・アイ(左)をいれます。

エージレス・アイは、外から見える位置にいれます。

エージレスアイ

お米に埋もれてしまいやすいので注意です。

エージレス・アイは酸素がない場合はピンク、酸素がある状態だとブルーになります。

しっかり酸素がなくなれば、エージレス・アイがピンクになるので、成功か失敗かが判断できます。

クリップをふたつに分けます。

袋に空気を軽く追い出しながら、クリップをするのですが、このクリップが固いので苦労しました💦

クリップは横からスライドするのではなくて、まずは中央部をパチンと止めます。

この時、固いので力が必要です。

その次に徐々に左右を止めていきます。

これでおしまいです。

お米長期保存

しばらく置いておくと、袋が徐々に収縮していくのがわかります。

1日くらい経つと、カチンコチンです!

感動(^^♪

エージレス・アイがピンクに戻っていれば、収縮が成功です。

クリップするときに力が必要なぐらいで、そのほかは難しいことはありませんでした。

これで約1年間、お米を長期保存することができます。

袋は再利用できますが、エージレスは一度使うと再利用ができません。

エージレスのみ購入できます。

お米を美味しく長期間保存したいと思ったら、ぜひ使ってみてください。

災害が多い日本だから、美味しくお米を長期保存できる技を知っておきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする