日本茶の種類と健康効果。色々な飲み方、アレンジ方法。

スポンサーリンク

日本茶をよく飲みます。

小学生の子供たちがお茶を飲めるようになって、飲む機会がぐんと増えました。

日本茶の種類と、健康効果について紹介したいと思います。

スポンサーリンク






日本茶の効果効能

・がん予防

・成人病予防

・老化防止効果

・虫歯、口臭予防

・インフルエンザ、風邪予防

・食中毒を防止

・糖尿病予防

・ダイエット、美容効果

・高血圧、低血圧予防

こんなにたくさんありました(^^♪

緑茶はカテキンが有名ですが、他にもβカロテン、ビタミンC、ビタミンEなど入っているんです。

日本茶の種類

煎茶

定番です。

甘味と渋味のバランスがよく人気です。

一番よく飲まれている日本茶が煎茶なんです。

番茶

番茶は煎茶より低価格で、さっぱりとした味わいが人気です。

お茶の中でも番茶にはフッ素が多く含まれているので、虫歯予防に最適です。

虫歯予防を考えるなら、60℃くらいのぬるめのお湯で入れましょう。

効果が高まります。

ほうじ茶

ほうじ茶は、香ばしい香りが人気ですね!

カフェインやタンニンが少ないので、子供にもおすすめです。

リラックス効果もあります。

ほうじ茶ラテも美味しいですね。

玄米茶

玄米茶は、煎茶や番茶に玄米をブレンドしたお茶です。

香ばしい香りが好きな方も多いんじゃないでしょうか。

玄米がブレンドされていることで栄養価がアップして、ビタミンCやビタミンBが多く含まれています。

玉露

玉露は、高級な緑茶になります。

甘味と旨味が凝縮された上品なお茶になります。

玉露と煎茶の違いは、栽培方法にあります。

玉露は覆いをかぶせて栽培した、手間暇をかけて丁寧に作られたお茶です。

抹茶

抹茶は、茶葉ごと飲むことになるので栄養価も高くなります。

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、食物繊維などが多くなります。

抹茶スイーツが人気ですね。

茎茶

茎茶は葉ではなくて、茎の部分を集めたお茶になります。

茶柱がたちやすいので、縁起のいいお茶とも言われています。

芽茶

芽茶は、煎茶や玉露の製造過程で出てくるもので、苦みが特徴です。

リフレッシュしたいときにおすすめです。

粉茶

粉茶は、細かく砕けた葉や芯を集めて粉末にしたお茶です。

お寿司屋さんも粉茶ですね。

夏は冷たいお茶、冬は熱いお茶と1年中楽しめます。

日本茶アレンジ方法

梅干し茶

熱い日本茶に、梅干しを入れるだけで出来上がりです(^^♪

お茶の種類は何でもOK。

梅干は、疲労回復、インフルエンザや風邪の予防にも効果があります。

油をひかずに弱火で焼いた梅干を入れても、風味が出て美味しいです。

梅干は加熱すると、ムメフラールという成分ができて動脈硬化・冷え症予防になるんです。

緑茶サイダー

日本茶の渋みや苦みが苦手と言う方もいます。

苦手な方は、緑茶をサイダーで割ると飲みやすくなります。

日本茶+砂糖

甘いものが食べたいときに飲むと、ほっとします。

日本茶+ユズ茶

さわやかなドリンクになります。

日本茶にもユズ茶にもビタミンCが含まれているので、ビタミンCの補給にもいいですね。

色々な飲み方で楽しみたいです。

ランキングに参加してます。
クリックして応援してもらえると励みになります。

list3.png人気ブログランキングへ
list3.pngにほんブログ村 美容ブログ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする