ほうれい線が薄くなった!?エイジングラボルテのスゴイ成分って?

エイジングラボルテ化粧品のトライアルセットを使ってみました。

最近フェイスラインがぼやけてきたな~と感じます。

肌がたるんでくると毛穴もたるんで、たるみ毛穴になってしまうんです💦

シワ、たるみ原因

こんなことありませんが?

・まぶたが垂れ下がる

・口角が下がる

・頬の毛穴が目立つ

・ほうれい線が目立つ

これらが当てはまったら、肌がたるんできているのかもしれません。

シワもできやすい箇所が決まっていますね。

額、眉間、目元、口元です。

シワにも種類があります。

ちりめんじわ、表情ジワ、真皮のシワです。

真皮のシワになると消すことはむずかしいので、真皮のシワになる前に改善したいですね。

シワの原因は、加齢や紫外線です。

紫外線対策はしっかりしましょう!

ほうれい線に効くエイジングラボルテ

たるみやシワにおすすめという「エイジングラボルテ化粧品」を使ってみました(^^♪

ほうれい線が薄くなるという口コミで見て、気になっていたんです。

薬剤師さんの作ったエイジングラボルテシリーズ。

エイジングラボルテの最大の特徴は、シワやたるみに効く成分アルジルリンです。

アルジルリンは、表情筋をリラックスさせることで、表情ジワを対策してくれる成分です。

パーフェクトリンクルセラム

美容液には、アルジルリンが23%と高濃度に入っているんです。

さらにロイファシルも10%配合。

アルジルリンは塗るボトックスと言われていますが、ロイファシルも同じように呼ばれています。

ロイファシルは、アルジルリンと相性がとても良いので一緒に配合されることが多いんです。

これだけ高濃度にアルジルリンやロイファシルが配合されている商品は、なかなかないようですよ!

さらにアルジルリン以上と評判の成分があります。

それは、

シンエイク、シンコル、シンタックス

この3つも入っているんです!

シワやたるみ対策の最強成分たちが揃っちゃいましたね。

あまり聞いたことのがない、ヒメフウロエキスという成分も入っているんです。

ヒメフウロエキスは、紫外線による光老化にかかわっている酵素トリプターゼの働きを阻害して、シワの発生を予防してくれる働きがあるんです。さらに国際的な学会では、小じわを改善したり、弾力性を向上したりするという研究成果を発表しているんです。

このシワ・たるみ対策美容液パーフェクトリンクルセラムは、3パウチ入ってました。

ジェル状の美容液で、伸びが良く、肌がピンとする感じがしました。

気になるほうれい線に塗り込みました。

この美容液が目当てだったので、3日分しか使えなかったのが、ちょっと残念です。

エステティックローションplus

ヒアルロン酸の2倍の保湿力があるポリオクタニウムー51を配合している化粧水です。

肌への親和性が高く、スッと浸透してくれます。

他にも、

水溶性プロテオグリカン…肌のターンオーバーを促す

シンエイク…ヘビ毒をヒントに作られた人工ペプチド

セレブロシド…良質なセラミド

など配合されています。

エステティックモイストplus

乳液はまろやかな使い心地でべたつかず、優しい使い心地です。

栄養がたっぷりです。

シワ、たるみ化粧品1週間ビフォーアフター

1週間使い続けてみました(^^♪

最終日には、シートマスクを使いました。

ほうれい線に変化はあったのでしょうか。

では使用前の画像です↓

1週間使用後の画像です↓

まだまだですが、ほうれい線が少し浅くなったような気がします(^^♪

肌もキュッとあがったような。

継続することで期待が持てそうなコスメだと思いました。

肌の調子はとても良いです。

シワやたるみのケアを重点的にしたいと思ったら、ぜひ選んでみてください。

トライアルセットの詳細

・エステティックローションplus15ml

・パーフェクトリンクルセラム3g

・エステティックモイストplus10ml

3,050円相当、7日分が送料無料1,000円。


アルジルリンとは

アルジルリンについて、もう少し説明したいと思います。

アルジルリンは、塗るボトックスとも言われますね。

ボトックス治療は、ボツリヌス菌毒素から抽出精製された成分を皮膚の内部に注射するんです。

アルジルリンは、皮膚に塗ることで、表情ジワの原因になる表情筋の動き、緊張を緩和して、ピンポイントにアプローチしてくれるんです。

アルジルリンコスメのメリット

・手軽。注射の必要がない。

・ボトックス治療に比べて、価格が安い

・肌になじみやすい成分

アルジルリンコスメのデメリット

ボトックス治療に比べて、即効性がない。

私は注射する勇気がないので、アルジルリンで十分です(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする