私が飲んでる、黄ぐすみを防ぐお茶はルイボスティー。

スポンサーリンク

毎日ルイボスティーを飲んでます(^^♪

前回、黄ぐすみの原因と対策方法を紹介しました。

肌が黄色っぽい。 肌が黄ばんでいる。 と感じたことはありませんか。 それは肌の黄ぐすみ(黄くすみ)と言うんです。 ...

黄ぐすみの原因のひとつに、糖化がありました。

肌の中でたんぱく質と糖が結びついてAGEsを作り出すことで、肌が黄色くなってしまうんです。

糖化を防ぐお茶のひとつが、ルイボスティーなんです。

ルイボスティーのようなお茶だと毎日の生活に取り入れやすいのがいいんですよね。

ルイボスティー糖化

多めに作って、冷蔵庫に常備しています。

家族全員、食事の時やそれ以外の水分補給もルイボスティーです(^^♪

スポンサーリンク






伊藤園のヘルシールイボスティー

私が今飲んでいるルイボスティーは伊藤園のヘルシールイボスティー ティーバッグです。

ルイボスティー

ルイボスティーは南アフリカのお茶です。

・カフェインゼロ

・ルイボスポリフェノールは3000mg(煮出して作る場合)

原材料はルイボスのみ。

抗糖化のためにルイボスティーを飲むなら、色々なお茶がブレンドされているものより、原材料はルイボスのみ。これが一番(^^♪

乳児用規格適用食品なので、赤ちゃんからお年寄りまで飲めますよ。

ポリフェノールがたっぷり含まれているので、抗酸化作用も高いです。

ルイボスティーが妊活にいいと言われているのは、ここからですね(^^♪

卵子は、活性酸素によって大きなダメージを受けてしまいます。

活性酸素を取り除いてくれるポリフェノールの効果が大きいルイボスティーは、妊娠力を高めてくれるのかもしれません。

妊活には、還元型コエンザイムQもおすすめ↓

還元型コエンザイムQは疲労回復に効果あり!と以前紹介しましたが、それだけじゃないんです。 卵子のアンチエイジングにもおすすめなんです。...

抗糖化と抗酸化。

肌の黄ぐすみと体のサビを防いでくれる、嬉しいお茶じゃないですか!

ヘルシールイボスティーティーバッグの飲み方

・煮出して作る

1Lの沸騰したお湯にティーバッグを1袋入れて、弱火で煮だします。

約5分。

我が家は冷やして冷蔵庫に常備しています。

ルイボスティー飲み方

・お湯出しで作る

急須にティーバッグ1袋を入れて熱湯を注ぎます。

カップに注いで飲みます。

・水出しで作る

水500mlにティーバッグ1袋を入れて、約2時間ほど置きます。

好みの濃さになったら、ティーバッグを取り出してください。

・ルイボスミルクティーの作り方

ティーカップにティーバッグ1袋を入れて熱湯120mlを注ぎ1分待ちます。

温めた牛乳80mlを注ぎ、好みで砂糖や蜂蜜を入れます。

作るのが面倒という方は、ペットボトルもあります。

ヘルシールイボスティーの味

私はティーバッグしか飲んだことありませんが、紅茶みたいな味で美味しんです。

初めて飲んだ時は、なにこれ、紅茶じゃん!って感動しました。

ルイボスティー味

ですが口コミを見ていると、美味しいという方がいる一方、多かったのが薬みたいな味がするという方。

薬みたいだと思ったことがなかったので、意外でした。

まずいかな?美味しいと思うんだけど。

ルイボス風呂

ルイボスティーを煮出した後のティーバッグを、お風呂に入れるのもおすすめです。

捨てたら、もったいないですよ!

使い終わったティーバッグを入れるだけで、ルイボス風呂に大変身しちゃいます。

ルイボス風呂

ルイボス風呂には、こんな効果があると言われています。

・アトピー

・肌荒れ

・ニキビ

・乾燥

・吹き出物

もうちょっと本格的にルイボス風呂を楽しみたいと思うなら、使い終わったティーバッグではなくて、しっかり煮だしたものを入れるのもおすすめです。熱湯には注意してくださいね。

茶渋が残るといけないので、入った後はちゃんとお風呂掃除をしましょう。
残り湯を洗濯に使うと、色がついてしまうのでやめましょう。

ティーライフのルイボスティー

ティーライフのルイボスティーも評判が良く、おすすめです。

蒸気殺菌してあるので、煮出さなくても成分が出やすいのが特徴です。



ランキングに参加してます。
クリックして応援してもらえると励みになります。

list3.png人気ブログランキングへ
list3.pngにほんブログ村 美容ブログ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする