ハッカ油の使い方と効果。容器の選び方に注意が必要。

スポンサーリンク

いろいろな使い方ができるハッカ油をご存知ですか?

ひとつあるとさまざまな使い方ができるハッカ油を、今日は紹介したいと思います。

「健栄製薬のハッカ油」

ドラッグストアなどでも売っている人気のハッカ油です。

お値段も手ごろで、20mlで500円前後です。

ハッカ=ミントです。

ミントって言ったほうが香りを想像しやすいかもしれませんね。

ハッカ油はミントを乾燥させて抽出させた植物油のことです。

ミントのスーッとする清涼感。

あれは好きな人はおすすめ!

防虫、消臭、殺菌、リラックス効果があるんですよ(^^♪

ハッカ油に使っていい容器・悪い容器

ハッカ油の使い方を紹介する前に、ハッカ油を使う時に使ってはいけない材質の容器があることをご存知ですか?

なんでもいいわけじゃないんです~

ハッカ油に使っていい容器と使ってはいけない容器について説明したいと思います。

★使っていい容器★

・ポリプロピレン(PP)

・ポリエチレン(PE)

・ガラス

↑100均でも売っています(^^♪

材質をしっかり確認しましょう。

★使ってはいけない容器★

・ポリスチレン(PS)

ハッカ油にはポリスチレンを溶かす作用があるので、注意が必要です。

使っていてボトルが溶けたり、変な匂いがしたら要注意です。

よくわからなければ、ガラス製が安心ですね!

ハッカ油の使い方

マスクにシュッとひと吹き

最近テレビで紹介されていた使い方です。

スプレーボトルに水を入れて、ハッカ油を数滴いれます。

これをマスクの外側にスプレーします。

こうすることで、体の中の線毛が活性化して風邪の予防になるんです。

線毛は鼻の奥、気管、気管支にもびっしり生えています。

この線毛がミントの香りで活性するって不思議ですよね。

朝起きると喉が痛い、喉がイガイガするという人も、ミントマスクをして寝るといいそうです(^^♪

エアフレッシュナーとして

ミントマスクを作った時のスプレーを、生ごみや排水溝、靴箱などにシュッとひと吹きします。

ミントには消臭、殺菌効果があります。

気分転換に、空気中にシュッとするのもいいですね(^^♪

枕にひと吹きしても安眠効果があります。

また脇や腕などにシュッとすると、汗がひいていきます。

顔はNG。粘膜に入ると痛いです(;´Д`)

直接肌につけるのも刺激が強いのでダメです。

冬にやったら寒いですよ~

暑い夏にやりましょう。

入浴剤として

入浴剤代わりにお風呂に数滴いれます。

暑い夏におすすめ。冬は寒いです(;´Д`)

ハッカの成分が体感温度を下げてくれます。

入れすぎると寒くなってしまうので、注意しましょう。

最初は1滴ぐらいから様子を見るといいかもしれません(^^♪

掃除に使う

重曹1カップに、ハッカ油を10滴ほどいれて、よく混ぜます。

浴槽掃除やキッチン周りの掃除に使えます。

ハッカのスーッとする香りがして、気持ちよく掃除ができる気がします。

お気に入りの使い方です(^^♪

*くれぐれも原液をそのまま皮膚に使わないでください。

↓とっても便利なハッカ油です(^^♪

【ゆうメール便!送料80円】健栄製薬 ハッカ油 20ml

価格:
710円

(2018/01/29 22:07時点 )

感想:0件

スプレータイプもあります。

【ゆうメール便!送料80円】健栄製薬 ハッカ油スプレー 10ml

価格:
802円

(2018/01/29 22:07時点 )

感想:0件

ランキングに参加してます。
クリックして応援してもらえると励みになります。

list3.png人気ブログランキングへ
list3.pngにほんブログ村 美容ブログ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする