お風呂上がりの過乾燥対策。お風呂で乾燥肌にならないために。

スポンサーリンク

お風呂上がりの乾燥対策をしていますか?

入浴後のお肌の乾燥に悩んでいる方は、たくさんいます。

お風呂上がりの乾燥を放っておくと、肌が老化してしまう危険性があるんです。

グッドモーニングで教えてくれました(^^♪

過乾燥にならない方法

入浴前より肌が乾燥する状態を過乾燥といいます。

シミやしわ、たるみの原因になることがあるので、注意が必要です。

入浴のポイントは、いかに皮脂を失わないようにするかにあります。

そうでなくても年齢を重ねると、皮脂が少なくなっていくのに、お風呂のたびに皮脂が洗い流されたら足りなくなってしまいますよね。

・皮脂を失わない

・皮脂を補う

この二つはセットにしたいです(^^♪

<皮脂を失わないための入浴法>

42℃以上、長風呂は皮脂が洗い流されてしまいます。

なので、40℃、10分の入浴が過乾燥対策にはおすすめです。

40℃はぬるいし、10分なんて短すぎる(;´Д`)

肌が極度に乾燥しているときはガマンですね。

この方法は乾燥肌対策にはなりますが、血流や新陳代謝は上がらないので、お風呂としての効果は低いんです。

体の洗い過ぎにも注意しましょう。

石けんは、皮脂を分解します。

2から3日に1回は、お湯だけで洗うだけで十分です。

(わきの下や首の周りなどは石けんで洗ってもOK)

ボディタオルは使わずに、手で洗います。

デリケートゾーンの洗い方↓

一番風呂は塩素が肌を刺激して、肌荒れして、乾燥肌になることもあります。

その場合の対策は、

・レモン(柑橘系)のしぼり汁を入れる。

ビタミンCが塩素を中和してくれます。

でもわざわざレモンを用意するのは面倒ですよね。

その場合は入浴剤を入れましょう↓

・保湿成分が入った入浴剤を入れる(グルタミン酸、アスコルビン酸)

過乾燥対策、入浴剤↓ 

入浴後の肌ケアの方法

 入浴後10分で、肌ケアをすることが大事です。

湿度の高い浴室内で、保湿してしまうと効果的です。

ヴェレダのボディオイルが好きです(^^♪

濡れた肌にそのまま塗ります。

香りもいいし、肌はしっとりスベスベになります。

ランキングに参加してます。
クリックして応援してもらえると励みになります。

list3.png人気ブログランキングへ
list3.pngにほんブログ村 美容ブログ