毒素が体をめぐるのを防ぐには、お酢と食物繊維。

たけしの家庭の医学を見ていて、新しい言葉を発見しました。

「腸漏れ」

コワイ言葉ですね。

別名リーキーガット症候群というのだそうです。

腸漏れは、小腸で起こっています。

腸の中には悪玉菌が作り出す毒素や腸内細菌がいるんですが、通常は便として排出されます。

ところが何らかの原因で、腸の壁に炎症が発生してしまうと、腸の中に毒素が漏れて、血液に侵入。

血液にのって全身に運ばれてしまうんです。

これによって、さまざまな不調が引き起こされるんです。

その不調はすぐに命のかかわることはないようですが、長い年月をかけて色々な病気を引き起こしていくと考えると怖いですよね。

たとえば、

・喘息

・糖尿病

・脳梗塞

・肺血症

でも安心してください。

この腸漏れを予防したり改善したりできる食材があるんです。

腸の壁の修復が期待できる。

お酢と食物繊維

アメリカで発表された論文では、

お酢に多く含まれる物質が腸の細胞を活性化し、腸漏れを防ぐ。

お酢に含まれる物質が、腸粘膜のバリア機能を促進させた

などの研究結果が報告されているんです。

お酢に含まれる短鎖脂肪酸が、腸内フローラを整えるのに必要不可欠なんです。

お酢も色々種類がありますね。

穀物酢・米酢・黒酢・リンゴ酢・白ワインビネガー、バルサミコ酢など。

どのお酢でも効果が期待できるのですが、特に短鎖脂肪酸が多く含まれているお酢は、こちら。

・リンゴ酢

・白ワインビネガー

・バルサミコ酢

でも特にこだわる必要なないようです。

もうひとつ短鎖脂肪酸を増やす方法は、食物繊維。

野菜をたくさん食べると、食物繊維が腸内細菌で分解発酵されて、短鎖脂肪酸に生まれ変わってくれるんです。

特にジャガイモがおすすめ。

ジャガイモの水溶性食物繊維は、短鎖脂肪酸に変わりやすいんです。

ただどのくらいの量を食べれば、腸漏れが防げるのかはわかっていません。

でも番組で検証していたのを見ると、

・料理にできるだけお酢を使う

・野菜をたっぷり食べる

これを意識しただけで、五日後には血液中の毒素が減っていましたよ♪

長期的に続けることが大切だそうです。

ただお酢は取り過ぎると良くないので、常識的な範囲で摂ってくださいね。

こちらも参考にしてください。

・お酢の健康効果とお酢レシピ。干しぶどう酢の作り方。 

・贅沢ブルーベリー酢で血流アップ↑ 

・血液サラサラ、酢玉ねぎの作り方。 

ランキングに参加してます。
クリックして応援してもらえると励みになります。

list3.png人気ブログランキングへ
list3.pngにほんブログ村 美容ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です