チーズは太る?太らない?チーズダイエットの方法。

チーズって高カロリーというイメージがありますよね。

チーズを食べると、太るのか太らないのか!

答えは、太らない!です。

主治医が見つかる診療所で、チーズは内臓脂肪をスッキリさせてくれる食材だと紹介されていました(^^♪

チーズは水分を除くと、半分はたんぱく質で半分は脂肪なんです。

でもこの脂肪、非常に蓄積しにくい脂肪なんです。

太りにくい脂肪なんです。

そして内臓脂肪をスッキリさせてくれるもうひとつのヒミツは。

カルシウムにあります

チーズの中のカルシウムは量と質と吸収性がとても良く、抗肥満になるんです。

カルシウム、カルシウムと言っていますが、カルシウムはひとつではありません。

・リン酸カルシウム…小魚などに多く含まれ、骨や歯の材料に使われます。

・カゼインカルシウム…チーズなど乳製品に多く含まれ、体に吸収されやすい。

チーズは少量で多くのカルシウムが摂れるんです(^^♪

<内臓脂肪をスッキリさせるチーズの食べ方>

チーズには、プロセスチーズとナチュラルチーズがありますね。

ナチュラルチーズは、乳酸菌が生きている。

プロセスチーズは、加熱して殺菌してあります。

内蔵脂肪をすっきりさせる場合、どちらのチーズを食べても構いません。

ポイント

・食事の15分ほど前に食べる

・10~20g食べる

これにより血糖値の急上昇が抑えられ、肥満防止になる。

自然に食事の量も減る。

<チーズを毎日の習慣にできる方法>

お味噌汁を作る時、味噌の量を1/3に減らし、大さじ半分の粉チーズを入れる。

うま味とコクが増して美味しくなるそうですよ(^^♪

チーズせんべいも美味しそうでした。

溶けるタイプのスライスチーズをクッキングシートの上に置いて、電子レンジで約2分(500w)

冷めれば完成(^^♪

チーズでダイエットができるなんて、初耳でした(^^♪

カルシウムが摂れるので、骨粗しょう症の予防にもいいですよね。

チーズは、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう人のカルシウム補給におすすめです。

こちらも参考にしてね。

・チーズでがん予防&虫歯予防

・チーズで恋愛体質になる

ランキングに参加してます。
クリックして応援してもらえると励みになります。

list3.png人気ブログランキングへ
list3.pngにほんブログ村 美容ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です