認知症予防に脳のごみを取り除くには睡眠が大事です。

NHKのためしてガッテンで、最先端の認知症予防の方法が紹介されていました(^^♪

スポンサーリンク

脳のごみとは

アルツハイマー型認知症の引き金になるのは、脳のごみと呼ばれるものなんです。

なんと脳のごみがたまり始めるのは、発症の25年も前からなんだそう。

70歳で発症したら、45歳からたまり始めているってことだよー

まだまだ先なんて悠長にしていたら、間に合わないね(;´Д`)

脳がいろいろ考えたり活動すると、脳にはゴミがたまっていきます。

このごみのことをアミロイドβと言います。

これは、通常の人も認知症の人も同じようにたまるんです。

これは仕方ないことなんです。

何がちがうのかというと、そのごみを排出できるかどうかにかかっているんです。

脳のごみを排出する時間

脳のごみを効率的に排出できるのが、睡眠時なんです。

だから質の良い睡眠をしっかりとれていないと、アミロイドβの排出が滞り、それが25年もかけてたまって、脳は認知症を発症してしまうんです。

若いころからの生活習慣が大事なんですね。

夜更かしばっかりしてませんか?

早く布団にはいりましょうね。

睡眠サプリメント

最近は睡眠サプリを利用される方も多いみたいです。

薬とちがうので気軽に飲めるのが良いところです。

ギャバやトリプトファン、テアニンなど安眠におすすめの成分がしっかり入ってます↓

24種類の和漢植物と西洋ハーブ、そしてギャバやテアニンも入った休息ドリンクです↓

脳を活性化させる方法

脳のごみを排出することも大事ですが、脳を活性化させることも大切です。

↓こういったことで、脳を活性化させることができます。

・有酸素運動

・コミュニケーション

・知的活動(囲碁や将棋、裁縫なども)

若いうちから気をつけたいです(^^♪

ランキングに参加してます。
クリックして応援してもらえると励みになります。

list3.png人気ブログランキングへ
list3.pngにほんブログ村 美容ブログ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする