サッポーのクレンジングクリーム1,300円から始められます。

サッフォ化粧品のクレンジングクリームを使ってみました♪

sapo.JPG

なんとサッポーのクレンジングクリームは、洗浄力ゼロというじゃないですか!

どういうこと~?

洗浄剤としての界面活性剤を使わないで、保湿クリームと同じ構造で作られているんです。

一般の洗浄剤は汚れを溶かすでしょ。

サッポーは汚れを浮かせるそう。

この方法には複数のオイルを絶妙に配する工夫が必要らしい。

大変なことをやってくれているんですね。

sapo2.JPG

↓乳化します。

sapo3.JPG

通常はクレンジングの後、洗顔という順番なんですが、肌が敏感で石けんも使いたくないという時は、クレンジングのみでOK。

肌にオイルが残っても大丈夫。

洗浄力がないからね。

肌に残っていいクレンジングなんて初めてです(笑)

ただしっかりメイクをしていて、しっかりすっきりメイクを落としたいという人には向いていないかも?

やっぱり洗浄力は弱いです。

<使い方>

クレンジング前にはすすぎ洗いをします。

水分をふき取って、乾いた手と肌に使用します。

さくらんぼ大とって、顔全体に伸ばしマッサージをします。

指すべりに重さを感じたら、汚れが浮きはじめたサイン。

フワッと軽くなったら、汚れが浮き上がったサイン。

ぬるま湯で洗い流します。

次に洗顔石けんで洗います。

サッポーの、

・洗い過ぎない

・角質を剥がさない

肌が育つ洗顔方法です。

サッポーで検索すると、角質培養という言葉が出てきますね(;´・ω・)

サッポーのHPを見ても角質培養という言葉は出てこないです。

この角質を剥がさないという洗顔方法が、角質培養という言葉につながっているのかなあ??

<全成分>

ミネラルオイル 水 BG ステアリン酸グリセリルSE ジラウレス-10リン酸Na ステアリン酸 ポリソルベート60 ミツロウ ステアリン酸グリセリル スクワラン オリーブ油 アボカド油 ホホバ油 PEG-60水添ヒマシ油 ローヤルゼリー ローヤルゼリーエキス ヒアルロン酸Na アラントイン アルニカエキス オトギリソウエキス カミツレエキス シナノキエキス スギナエキス セージエキス ゼニアオイエキス トウキンセンカエキス セイヨウノコギリソウエキス トコフェロール カルナウバロウ グリチルリチン酸2K ラウレス-9 ベヘニルアルコール エタノール パルミチン酸セチル シメチコン ジメチコン 水酸化K 香料 プロピルパラベン ブチルパラベン メチルパラベン ラウリル硫酸Na

↑成分の中に、ミネラルオイルがありますね。

ミネラルオイルは、鉱物油のことです。

鉱物油は、石油から作られているんですね。

そういうと悪者のように思えますが、医療現場でも使われているワセリンにも使われているんです。

皮膚科でよくワセリンもらいました(^^♪

安心安全だからですよね!

ベビーオイルにも入ってます。

最近は鉱物油フリーが売りの商品も多くありますが、決してミネラルオイル(鉱物油)は悪者ではないんです。

肌に浸透することもありません。

このミネラルオイルが最初にきているということは、サッポーが溶剤型タイプのクレンジングで、メイクを浮かしてとるタイプのクレンジングだということです。

口コミでは、肌の調子が良くなったという人が多いですが、中にはあまり肌に合わなかったという人もいるようです。

まずはお試しで使ってみてください。

1か月分が1,300円送料無料で使うことができます。

敏感肌、乾燥肌の方に選ばれているクレンジングクリームです。

バナー原稿imp

こちらも参考にしてください。

あきゅらいず化粧品の感想。洗顔石鹸、泡石の評判は。

毛穴のための洗顔のやり方は。角栓がたまらなくなる洗顔方法。 

ランキングに参加してます。
クリックして応援してもらえると励みになります。

list3.png人気ブログランキングへ
list3.pngにほんブログ村 美容ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です