低体温はコワい!低体温改善エクササイズの方法

はなまるマーケットで、低体温のことが放送されていました。

常に体温が35度前半の人を低体温というそう。

体温が1度下がるだけで、免疫力が30%も低下してしまうんですよ縲鰀

低体温になると、こんな危険性があります。

●免疫力の低下・・・インフルエンザ・風邪・肺炎など
●心臓発作などの血管障害
●ガン細胞の増殖

コワいよね。

低体温というのは体の中心部が冷えている状態。
筋肉量が少ないと低体温になるんだって。

低体温の人は手足を温めてもダメで、太もも・お腹・腰周りなどを体の中心部を温めるようにするといいそう。

はなまるでは「セル・エクササイズ」という低体温改善エクササイズが紹介されていました。

<セル・エクササイズの方法>

まず肩幅に足を開きます。
手をしっかりと上に伸ばして手首を交差させます。
肩甲骨が内側に寄っているのを意識。

腕をしっかり上に伸ばしたまま、体を前に倒します。
次に後ろに倒します。

腕を伸ばしたまま、左右にゆっくりと倒します。

上半身を円を描くように回転させます。

今度は足を肩幅に開いて、片足を少し外側に向けます。
ぐーをして、腕をしっかりあげて、クロスさせます。
円を描きながら上半身を回転させます。
その時、手をぐーぱーさせます。

1日1セットずつゆっくり5分かけて行います。
1日3セット。1セットでもOK。

ポカポカな体になりましょう♪

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. リーシャ より:

    風邪をひくと、体が免疫力を上げて、
    菌をやっつけようと、熱を出すのね・・
    人間の体って良く出来ているわ。
    このエクササイズ、気持ち良い!
    肩こりにも効きそう♪

  2. YUME より:

    リーシャへ♪
    このエクササイズ気持ち良いよね!
    エクササイズ前、後で熱をはかってみたら、本当に
    体温があがってたよ♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です