片頭痛の特徴&解消方法、片頭痛に良い食べ物と悪い食べ物。

はなまるマーケットで、頭痛の特集が放送されました。

頭痛には大きくわけて、『片頭痛』と『緊張型頭痛』があります。

<片頭痛の特徴>
1.ズキンズキンと脈拍に合わせるように痛む
2.体を動かすと痛みがひどくなる
3.吐き気があり実際に吐くことがある
4.音や光に過敏になる
5.月に数回、痛みに襲われる

片頭痛は女性に多い。

<緊張型頭痛の特徴>
1.ギュ縲怩チと頭が締め付けられるように痛む
2.体を動かしたり入浴すると楽になる
3.パソコン作業など前屈みの姿勢が続くと痛む
4.首や肩を揉んだりあたためると楽になる
5.頭痛の始まりがハッキリしない

緊張型頭痛は男女問わず多い。

★「片頭痛」の解消方法★

☆「片頭痛」の方が過剰摂取を注意した方がいい食べ物
・赤ワイン ・チョコレート ・チーズ ・オリーブオイル など

血管を拡張させる作用があるので片頭痛の人は食べ過ぎたり注意が必要。

☆片頭痛に効果的な食べ物
ビタミンB2(レバー、うなぎなど)
マグネシウム(4ひじき、昆布、わかめなど)

☆効果が期待できる薬
・トリプタン製剤(病院での処方のみ)
三叉神経の炎症と動脈の異常な拡張をセロトニンという物質を介して効。

★「緊張型頭痛」の解消方法★

緊張型頭痛は、

主に姿勢が悪い、そのために首や肩が凝る・血の流れが悪くなり痛みを起こす物質が溜まることにより痛む症状です。

緊張型頭痛はあまり薬に頼らないのが大切です。

お風呂に入って体を温めて自分でマッサージしたり、
主に首と肩のストレッチをするのがおすすめ。

<効果が期待できるストレッチ1>

首の後ろにある“風池(ふうち)”と“天柱(てんちゅう)”と呼ばれるツボが効く。

atama.JPG

ツボを押しながら3~5秒かけて、首を後ろにゆっくりと倒し、5秒休む。これをセットで3回。

<効果が期待できるストレッチ2>

肩こりの主な原因「僧帽筋(そうぼうきん)」という筋肉を動かして、筋肉の緊張をほぐす。
目の横のラインに窓があると想像して、その窓を上下に拭くように両腕を動かす。

痛みのない範囲で10縲鰀15秒行う。

※無理をせずに行ってください。

危険な頭痛というのもあります。

<危険な頭痛の見分け方>

1.今まで経験したことのない痛みに襲われる
2.突然痛みどんどん痛くなる
3.手足のマヒや痺れも起きている
4.言葉が出ない
5.熱が出て首が凝り動かなくなる

「突然・どんどん・いつもと違う」という風に感じた場合はすぐに病院を受診して下さい。
→「脳神経外科」や「神経内科」へ

最近、このマグネシウムが豊富に含まれる水が人気みたいです(^^♪

マグネシウムが不足すると、痛みに敏感になってしまうみたい。

日本頭痛学会 認定頭痛専門医 が推奨する「AECスッキリウォーター」お試しセット↓

こちらでも片頭痛になった時の対処法が紹介されています。

・片頭痛になった時の対処法

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です