手荒れ、手湿疹。ハンドケアの方法。化粧水も使おう(^^♪

手の乾燥、手荒れ対策ハンドケアの方法がはなまるマーケットで紹介されていました。

手荒れ大丈夫ですか?
手の乾燥を放っておくと、手湿疹に発展してしまうかもしれません。
手湿疹は治りにくいので、そうなるまえにしっかりケアしたいですね。

<手が乾燥しやすい理由>

・手は露出しているため外気やエアコンにあたりやすい。
・色々なものを洗ったり触ったりすることで水分や油分が奪われてしまう。

<手荒れを抑える!家事3ヶ条>

・家事前ハンドクリームをぬる
新聞を読むときや乾いた洗濯物を触るときも。
皮脂が奪われやすいです。

・家事中手袋をする
フィットするゴム手袋がおすすめ。
ゴム手袋をするときに、綿の手袋を下につけるのも効果的。

・家事後すぐに水気を抜き取る。

<ガサガサ肌が潤うハンドケアの方法>

ハンドケアをするときは油分だけではだめ。
水分も必要なんです。

化粧水を使います。
ノンアルコールのものがおすすめ。

市販の化粧水をスプレーボトルに入れかえ、手に吹きかけます。

化粧水を手全体になじませたら、ハンドクリームを約3センチを手のひらで温め、全体にまんべんなく塗ります。

<症状別ハンドクリームの選び方>

↓【ゴワゴワ】尿素・・・固くなった角質を柔らかくする

↓【カサカサ】セラミド・・・角質層の保水力を高める

↓【しもやけ】ビタミンE・・・血行を促進する

<手湿疹とは>

手荒れがひどくなると、ぶつぶつや赤くはれる、水ぶくれ、強いかゆみがでてきてしまいます。

皮膚が乾燥してくるとバリア機能がなくなり、様々なものが「刺激」として認識されてしまいます。

≪刺激の例≫
金属類(アクセサリー、鍵、コインなど)、シャンプー、洗剤、化粧品、パソコン、携帯電話

長期化しやすいので、早めに皮膚科に行きましょう。

<手湿疹の治療法>

☆角質をやわらかくする保湿クリームを処方する。
☆炎症部分にはステロイド外用薬を処方する。
☆上記の治療で改善がみられない場合、パッチテストや血液検査を行い炎症の原因を特定する。

化粧水+ハンドクリームをしてみたら、思ったよりべたつかなかった。
しっとりが長続きして、とっても良い感じだったよ!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です