ぬか漬けで美肌&免疫力アップ、上手な漬け方は。

ぬか漬け大好き♪

ぬか漬けには植物性乳酸菌が豊富に含まれていて、美肌&免疫力アップ効果があるんですよ♪

はなまるマーケットのとくまるで、ぬか漬けのことが紹介されていました。

<植物性乳酸菌とは>

・整腸作用があるので美肌効果、免疫力アップ効果がある。

・乳酸菌には「動物性」と「植物性」があり、酸に弱い動物性乳酸菌は多くが胃液で死滅し腸に届きにくい。
酸や塩にも強い植物性乳酸菌は、生きて腸まで届きやすい。

・ぬか床1g当たり数千から1億もの植物性乳酸菌が含まれている。

<ぬか漬けの基本>

冷蔵用の保存袋で作ると簡単に作ることができます。

ぬか漬けは野菜の皮を柔らかくするので、皮はむかずに漬けましょう。
漬けるときは、平らにしたぬか床に野菜を押し込むようにして、できるだけ空気に触れないようにして漬けます。

<漬け方>

皮が硬めの野菜(キュウリ、カブ、ニンジン、大根など)→塩 ひとつまみをすりこむ→冷蔵庫で一晩漬ける

変色しやすい野菜(ナス)→塩 小さじ1をよくすみ、水分を絞る→冷蔵庫で一晩漬ける

葉物野菜(白菜、キャベツ、小松菜、チンゲンサイなど)→塩 ひとつまみを軽くこする→冷蔵庫で一晩漬ける

生では食べられない固い野菜(ジャガイモ、カボチャ、ゴボウなど)→固茹でし塩は付けない→冷蔵庫で一晩漬ける

変わったぬか漬けの漬け方も紹介されていました。

アボカド・・・完熟一歩手前のアボカドを選び、半分に切って種と皮を取り除いたら、形が崩れないようにぬか床へ入れ、冷蔵庫で6時間漬ける。

刺身用サーモン・・・漬かりやすいように2cm幅程度に切ったら、そのままぬか床へ入れ8時間漬ける。
※ サーモンを漬けたぬか床は再利用せずに捨てる。またサーモンの消費期限は守る。

木綿豆腐・・・クッキングペーパーで包んだ豆腐に重しをのせ、30分程度水切りをする。水切りをしたらクッキングペーパーに包んだまま、ぬか床に入れて、一晩ほど漬ける。

リンゴも漬けてましたよ。

色々なものを漬けて、ぬか漬けライフを楽しみたいです♪

私のおすすめぬか床♪

こちらも参考にしてください。

添加物不使用!毎日かき混ぜなくていい、たね坊のぬか床。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. リーシャ より:

    私もぬか漬けにはまり、
    以来野菜室に、糠床を置いているよ。
    糠ゆで卵は、いつも作るの♪
    美味しくて食べ過ぎるのが難点

  2. YUME より:

    リーシャへ♪
    ゆで卵かあ、美味しそう♪
    さっそく試してみるね。
    ゆで卵やお刺身サーモンまで漬けられちゃうんだもん。
    なんでもぬか漬けにできるんだね。驚き。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です