長生きの秘訣。きんさんぎんさんより。

たけしのみんなの家庭の医学放送。

きんさん、ぎんさんを覚えてますか?
きんさんは107歳、ぎんさんは108歳で亡くなられましたが、ご長寿で有名でしたね。

ぎんさんは108歳でも血管のしなやかさが保たれていたそうですよ。
しかも実年齢より50歳も若く!

ぎんさんの娘さん4人も平均年齢は92歳!
娘さんたちも血管年齢が若かったんです。

ぎんさんは娘さんたちに5つの健康法を伝授していました。

そして娘さんたちはその教えを守っています。

1.自分のことは自分でやる
2.うちに閉じこもってばかりいるな
3.笑う門には福来る
4.感謝の心を忘れるな
5.魚を食べる

普段から活発に動くことで筋肉を保ち、血管の老化を進める過剰な糖分や脂肪を代謝。
よって血管のしなやかさを保っていると考えられます。

一番の注目は食事

魚や肉をしっかり食べていたんです。

魚や肉などのたんぱく質は、血管を守り若く保つのに効果的。

たんぱく質に優れた食事メニューが、血管を若く保つゴールデンバランスレシピなんです。

ちなみに研究で長生きの要因は、

遺伝25% 生活習慣75% 

生活習慣が大事なんですね!

ぎんさんのゴールデンバランスレシピの秘密は、

・たんぱく質をしっかり摂る
・カリウムが多い食材を摂る

<奥園流ゴールデンバランスレシピ>

血管を若く保つワンプレート料理

★サラダチキンライス★

食材二人分
ご飯260g 柚子胡椒 小さじ1/2~1 ポン酢しょうゆ大2 水大1 塩小さじ1/2 胡椒適宜
手羽先200g トマト200g 水菜100g きゅうり100g エリンギ100g 鰹節5g 焼きのり全形2枚

手羽先の下ごしらえ
キッチンバサミを使って切ると食べやすい。

水菜・キュウリ・トマトを食べやすい大きさに切る。
鰹節とちぎった海苔をまぜる。
ポリ袋で手羽先を塩もみする。
皮を下にしてカリッとなるまで焼く。
鍋のフタで手羽先を押さえつけて焼くとカリッと焼ける。
手羽先の油でエリンギを焼く。
エリンギに塩を振る。
ご飯をよそった皿に具材をのせる。
フライパンに残った脂にポン酢と柚子胡椒を入れる。
このドレッシングをかける。

★手羽先とゴボウのニンニク黒酢炒め★

食材二人分
鰹節10g 昆布1×10センチのもの1枚 黒酢大1 しょう油大1 にんにく2かけ 砂糖小さじ1 塩2g
水200cc こしょう少々 青ネギ適宜 手羽先200g ごぼう100g まいたけ1パック

ごぼうを乱切りにする。
塩もみした手羽先を焼く。
出てきた脂でゴボウを炒める。
みじん切りしたニンニクを加える。
まいたけをさっと炒める。
水200cc調味料を加えて、ゴボウが柔らかくなるまで中火で煮る。
15分後、最後に鰹節を入れる。
みじん切りした青ネギを加える。

★手羽先クッパ★

食材二人分
昆布1×10㎝1枚 干しシイタケ1枚 しょう油大1 塩小さじ1/2 胡椒適宜 ごま油少々 にんにく1かけ しょうが1かけ ちりめんじゃこ10g 手羽先200g ご飯260g えのき100g もやし1袋 白菜キムチ100g ニラ1束 水3カップ

鍋に水をいれて昆布をはさみで切って入れる。
干しシイタケを砕きいれる。
すりおろしたニンニク、ショウガをいれる。
ちりめんじゃこを入れる。
沸騰したら手羽先を入れる。
えのき、もやしを入れて、フタをして弱火で10分煮る。
しょう油塩コショウで味をつける。
手羽先が柔らかくなったらご飯を入れる。
沸騰したらニラを入れてさっと火を通す。
白菜キムチをのせて、ごま油をかける。

どれも美味しそうですね!
さっそく手羽先買いにいこうかな。

こちらも参考にしてください。

お肉を食べて健康長寿のヒミツ。おすすめ肉料理。 

長寿遺伝子を働かせる方法、働かせる食べ物。テロメアとは。

認知症予防にエゴマ油、亜麻仁油がいい!

「主治医が見つかる診療所」の医師推薦の長寿ホルモン成分サプリ、アディポネクチン↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です