記憶力、体力を回復させる方法。睡眠のとり方が大事。

たけしのみんなの家庭の医学放送。

衰えた記憶力や体力を回復させる方法があります!!

その方法はある遺伝子を活性化すること。

ある遺伝子とは…時計遺伝子。

記憶力、体力が衰えている人は睡眠習慣が悪いんです。

特に朝起きる時間。

土日に遅くまで寝ていたりすると、時計遺伝子の働きが低下して、記憶力や体力が低下してしまうんです。

簡単に記憶力、体力を回復させる方法は、毎日同じ時間に起きること!!

規則正しい時間に起きれば、3週間で乱れたスケジュールを元に戻し、体の様々な機能を100%引き出すことができるんです。

同じ時間に起きるって、意外と難しいんですよね。

特に週末は、自分に甘くなってしまう(;´・ω・)

<時計遺伝子ダイエットの方法>

大事なのは3食を正しい時間に食べることです。

★朝食(番組では7時)
内臓にある時計遺伝子をスタートさせるには、たんぱく質が欠かせません。
朝食にはたんぱく質をとりましょう。

★昼食(番組では午後0時30分)
好きに。

★おやつ(番組では3時前)
午後2時から3時の間、脂肪を体内に取り込む物質がもっとも少なくなる。
この時間に食べるようにします。

★夕食(番組では5時27分)
夕食は早い時間に摂る。
寝る前はカロリーをとらない。

脂肪を取り込む物質は午後2時をピークに徐々に吸収されやすくなり、深夜2時で最大に!この差、約50倍以上。

番組で1か月遺伝子ダイエットに励んだ女性は、

・体重2.6キロ減
・腹囲4.5センチ減
・総コレステロール26下がる

という結果になりました。

その他知っておくと便利な時計遺伝子。

・カルシウムが吸収されやすく、骨が最も丈夫になる時間は⇒夜間

・塩分をもっとも吸収しづらい時間は⇒夕食時

覚えておくと便利ですね♪

↓どうしても寝坊してしまうという方におすすめの光目覚まし時計です。 

こちらも参考にしてください。

睡眠不足の影響

人気ブログランキングへ

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です