骨盤矯正ストレッチの方法

はなまるマーケットで、骨盤矯正の方法が紹介されていました。

腰痛や肩こりの原因となる骨盤の傾き。

骨盤がゆがむということではなく、骨盤は傾くんです。

骨盤が左右に傾くと、脚に症状がでる。
骨盤が前後に傾くと、腰痛、肩こり、お腹がぽっこりしてしまうんです。

骨盤が傾いているか、チェックしてみましょう。

★左右の傾きをチェック
体育座りをして、脚を左右に開く。
両脚の開き具合で、骨盤の左右の傾きを見ます。

★前後の傾き
仰向けに寝る。
腰の部分に手のひらが入る状態が〇
腰の部分にこぶしが入ると、骨盤が前傾している。

腰の部分に手のひらが入る隙間がないとき、骨盤が後傾している。

骨盤の傾きが異常だと、仰向けで寝られなくなってくるそうですよ!!

どうでしたか?

管理人の骨盤はどうやら前後に傾いているようです(;´・ω・)

お腹ポッコリの理由がわかりました。

<骨盤矯正ストレッチ>

★骨盤を包み込む筋肉をほぐすストレッチ

椅子に座り、右の足首を左膝にのせ、右ひざを手で下に押します。

反対も同様に行う。

★上半身とお尻の筋肉を伸ばすストレッチ

椅子に座って脚を組み、後ろを向き、上半身をひねる。
(右側を上に足を組み、左腕をかけて、後ろを向く)

片方のお尻がうかないように注意。

左右ともに1回行う。

<座るだけで骨盤矯正ができる!!
理想的な座り方>

膝頭をつけて座り、膝が直角にならないよう脚を少し前に出す。
息を吸って万歳する。
息を吐きながら、手を横に下げる。

左右のお尻の肉をお尻の下に1センチくらい入れ込むようにする。
こうすることでお尻の肉がストッパー代わりになり、骨盤が傾くのを防いでくれます。

<骨盤スクワットの方法>

*妊娠中や生理中の方は行わない。
*一日1セット行う。

★骨盤スクワット1

両脚を肩幅に開き、つま先をできるだけ外側に向ける。

45秒かけて腰をゆっくり落とす。
お尻を突き出さないように注意。

45秒経つ前に腰がいけるところまで落ちた場合はキープする。

15秒かけて腰を元の位置に戻す。

★骨盤スクワット2

今度はつま先をできるだけ内側に向ける。
(両膝がつくようなら、足幅を広げる)

45秒かけて腰をゆっくり落とし、15秒かけて腰を元の位置に戻す。

★骨盤スクワット3

つま先を内側に向け、体を前に倒す。
ぎりぎりのところで踏ん張る。
15秒経ったら、体をゆっくりもとに戻す。

骨盤矯正のグッズも色々あるので、こういったものを利用するのもいいと思います。

どれもオシャレなので、インテリアにも自然に馴染みそうですね(^^♪







人気ブログランキングへ

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です