ダニキャッチャー、ダニ取りシートの作り方

みんなの家庭の医学で、ダニ対策が紹介されていました。

ダニってどこで大繁殖するか知っていますか?

ダニっていうと、布団やベッド、押し入れなんかを思い浮かべますが、ダニが大繁殖する場所は意外な場所にあったんです。

それは

■キッチンの食料庫!!

開封した乾物やお菓子などのにおいに吸い寄せられて、ダニが集まってきて大繁殖してしまうんです。

ダニにはそういったにおいを感じる特別なセンサーがあるそうですよ。

驚いたのがダニは瓶のフタをしっかりしめても入ってきてしまうんだって!!
閉める螺旋に沿って入ってくるんだそうです。

きちんと閉めきれず、0.05mm以上の隙間が開いてしまえば、ダニは侵入可能です。

★食料庫のダニ対策★

●ダニ対策ポイント「湿度」
ダニが増えないようにするには湿度が大事。
ダニは湿度50%以下だと生息できません。

<湿度対策>
・エアコンのドライ機能や除湿機で湿度を抑える。
・風が抜けるように2か所の窓を開け、食料庫の扉も開ける。

●ダニ対策ポイント「保存法」

開封した食品はできるだけ冷蔵庫にいれる。

そうでない場合、プラスチック容器の効果的な使い方。

容器を二重にして、外側の容器に乾燥剤を入れる。
こうするとダニが外側の容器に侵入しても、乾燥剤の効果で弱って死んでしまいます。

●ダニ対策ポイント「捕獲」

<ダニが取れるダニキャッチャーの作り方>
材料
布きれ ダンボール 両面テープ 煮干し

ダンボールの両面に両面テープを貼る。
煮干しをのせる。
煮干しの上にも両面テープを貼る。

布で覆う。
周りをホッチキスなどでとめる。

布の中に入ったダニが粘着テープにくっついて逃げられなくなります。

ダイソーなど百均でもダニ取りシートが売っているようですが、自作のダニキャッチャーの作り方も簡単なので試してみてください。

楽天で売っているこちらの↓ダニ取りシートと構造は同じですよね(^^♪

こちらも参考にしてください。

・ダニ退治の方法。掃除機?洗濯?コツがあるんです

人気ブログランキングへ

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です