ため息の効果。リラックスする呼吸法。

ため息をつくと、ストレスが解消されてリラックスできるそうですよ。

ストレスを感じた時、緊張しているとき、ため息をついてみましょう。

深呼吸とため息は違います。

深呼吸は吸う1:吐く1
ため息は吸う1:吐く2

このように吐く息が長いと、リラックスすることができます♪

じゃあため息をずっとついていればいいのかといえば、それは違います。

ため息ばかりついていると、副交感神経が優位になりすぎてしまいます。

活動的になれる交感神経も大事なんです。

また反対に、速い呼吸は交感神経を優位にさせます。

スポンサーリンク

やる気アップ呼吸法

胸を大きく開くように両手を上げて、意識的に速い呼吸をします。
「吸って吐く」を意識し、速く呼吸する。

1分間くらい行う。

朝起きるのが苦手な人は、布団の中などで意識的に速めの呼吸すると、交感神経が優位になり、目が覚めやすくなります。

ニッポンのミカタ放送。

みんなの家庭の医学で、自律神経の乱れを整えてくれる呼吸法が紹介されていました(^^♪ 最近よく聞く言葉ですが、自分の自律神経が乱れてい...

人気ブログランキングへ

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆきてぃ より:

    コメントありがとうございますー(#^.^#)
    すっごく素敵なブログですっ♪♪わかりやすーい!!
    へぇ・・・ため息もたまにはいいんですね♪
    ためしてみます!

  2. YUME より:

    こんにちは♪
    ご訪問ありがとうございます。
    健康に良いこと、美容にいいこと、試すだけじゃなく、いろいろな情報を集めるのも好きなんです。
    ため息の効果、ちょっと知っておくと便利かも!?