リンパマッサージの効果とやり方。リンパの流れをよくする。

知っているようで知らなかったリンパの仕組みが、はなまるマーケットで放送されていました。

体のリンパ、どこまで知っていますか?

リンパはバイ菌や老廃物が含まれた体の中の水分を処理する役割をしています。
そしてリンパ節がリンパ液をキレイにしてくれています。

リンパ節は、細菌などを大事な臓器のある体の中心部に行かせない役割をしているんですね。

リンパの流れが滞ると、顔や手足のむくみ、冷え、疲労・倦怠感、肩こり・首こりなどが起きてしまいます。

<リンパの流れを良くする体操>

★床踏み体操★

つま先は床につけたまま、かかとを上下する。
両足とも10回ずつ行う。

★股関節を開く体操★

足の付け根にはそ径部のリンパ節があり、足全体のリンパが集まってくるところです。
そ径部のリンパ節を刺激することで、足全体のむくみを解消、リンパ節を活性化してくれます。

片足を椅子に乗せて、ひざを外へ内への動きを繰り返します。
両足とも10回ずつ行う。

★上半身のリンパを刺激する体操★

指先を肩にあてて、ひじを横に開く。

片方の脇をしめて、反対のひじはあがるところまで上げる。

*なるべく頭は動かさないように。

左右合わせて10回行う。

<リンパマッサージの方法>

圧力はスポンジが少し凹むくらいが目安。

準備体操
・肩を外側に5回回す
・腹式呼吸を5回

・鎖骨のくぼみの部分を円を描くようになでる(5回)

・首を2等分にして下の部分から鎖骨部分に向けてリンパ液を流す(各5回)

・耳を指で挟んで2縲鰀3回もんだら、鎖骨部分にリンパ液を流す(5回)

肌のリンパ液の流れが良くなって、肌に張りがでてくる。

1日1回マッサージすると、顔のリンパの流れが良くなって、むくみが解消されやすくなる。

<足のリンパマッサージ>

・脚の付け根のリンパ節をなでる(10回)

・太ももを3等分にして、近い部分からそ径部に向けてリンパ液を流す(各10回)

・ひざ裏のリンパ節に向かって流す(10回)

・ふくらはぎを3等分にして、付け根に向けて流す(各10回)

・足先から付け根にむけて流す(5回)

こちらも参考にしてください。

免疫力がアップする足のリンパマッサージのやり方

足のむくみを解消して、セルライトをなくそう

アスリートも愛用↓

マッサージのやり方がわかる小冊子もついてきます(^^♪  

セルライトスパッツ↓

履くだけでリンパをサポートしてくれます。

人気ブログランキングへ

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です