静脈マッサージで小顔&美肌になる方法

むくみを改善して、小顔&美肌、リフトアップする静脈マッサージ。

きれいの魔法で紹介されていました。

教えてくれたのは皮膚科医の津田攝子先生。

マッサージというと、リンパマッサージが有名ですよね。

リンパと静脈を比べると、静脈の方が水分の吸収量が多いので、静脈を流してあげるほうが、効率的にむくみを解消できるそうです。

静脈マッサージのポイント

人差し指、中指、薬指の第二関節までを使う。
この3本の指を押し当てて一定の力で押し流すイメージで指を滑らせる。
皮膚をこすったり摩擦刺激はNG

マッサージを行う時は、クリームなどをつけて指の滑りをよくします。

<首の静脈を整える1>

指で頸動脈の位置を探す。
そこから1センチ外側に指を置きます。

3本の指で鎖骨に向けて真下にゆっくり押し流す。
(アゴを上げて行うと真下向けにむけて押し流すことができます)

左右交互に5回ずつ。

<首の静脈を整える2>

えらの真下。
ここに3本の指の腹を置く。

そこから鎖骨の外側に向けて押し流す。

左右5回ずつ。

静脈を整えるマッサージは、肩こりや首の疲れの改善、二重あごの予防にも効果大です!!

<静脈マッサージ1>

指の目標ポイントは、耳珠。

額の中央から「耳珠」(耳の横あたり)へマッサージします。

指の位置を少しずつずらしながら、顔の上半分をまんべんなく押し流します。

額(3回位に分けて)、まぶたの上、目の下(優しく)、小鼻の横から「耳珠」までを押し流して、1セット。
5セットを目安に行う。

クマにも効果的。

<静脈マッサージ2>

指の目標ポイントは耳垂(耳の下)。

ほうれい線に3本の指を当てます。

ほうれい線から耳垂へ向けて指を動かします。

指の位置を少しずつずらしながら、顔の下半分をまんべんなく流します。
ここまでを1セットで、目安は5セット行う。

注意点
頬をひっぱらないように。
指の第二関節まで密着させて、耳垂までUの字を描くように押し流す。

<静脈マッサージ3>

指の目標ポイントは、マンディブラーノッチ(エラの角にある浅いくぼみ)。

目頭のくぼみに中指の腹がくるように、3本の指をあてる。

エラの角にある浅いくぼみにむけて指を動かします。

目安は5回。
血流アップで余分な水分と老廃物が解消。

マンディブラーノッチがよくわからないという人は、人差し指がエラの角に当たるように動かす。

アゴを上げながら手を動かすと良い。

最後にもう一度、首の静脈を整えるマッサージをする。

マッサージごとに首の静脈を整えると、効果がアップする。

おすすめマッサージクリームです。

完全無添加、オーガニック製品です↓

香りがすごく良いです(^^♪

セラミド配合のオイルでマッサージがやりやすいです↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 スキンケア

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です