HSP入浴方法。ヒートショックプロテインを増やす入浴のやり方。

世界一受けたい授業。
『低体温は万病のもと?体温をあげて健康に。
今こそやっておきた加温生活』

最近注目されている加温生活

正しく体を温めることは健康につながると言われています。
低体温だと免疫力が低下し、風邪にもなりやすくなります。
いろいろな病気にかかりやすくなります。

そんな加温生活の中で、クローズアップされているのが『ヒートショックプロテイン

ヒートショックプロテインとは熱による負荷で生まれるたんぱく質のことを言い、

傷ついた部分を治してくれる万能なたんぱく質と言われています。

そんなヒートショックプロテイン研究の第一人者が、伊藤要子先生。

ヒートショックプロテインを入浴で増やすことができるんです!!

★HSP入浴法★

42度のお湯に10分間入浴。
*フタをしめると効果的です。
10分継続しなくても途中で休んでも良い。
合計10分入浴する。

*子供や高齢者、病気を患っている方はムリをせず、十分注意して行ってください。特に高齢者の方は半身浴が良いでしょう。

42度が熱いという人は、41度で15分、40度で20分でもOK。

入浴後は保温が大切。
布団、サウナスーツなどで15から20分保温すると効果的。

汗が出るので、水分を補給を忘れない。

体温が2℃くらい上昇するので、ヒートショックプロテインが増えると考えられています。

入浴から2日後がピークです。

このHSP入浴法は週2回がベスト
毎日続けると慣れが出てくるので、その他の日はぬるめの入浴、カラスの行水でもかまわない。

月曜に元気に過ごした場合は土曜日にHSP入浴、効果が落ちてくる水曜日にまたHSP入浴すると週末も元気に過ごせる。

こちらも参考にしてください。

紫外線を浴びた後のケア方法

シミやシワを予防する入浴法

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 スキンケア

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です