玉ねぎで眠くなる!玉ねぎで快眠。その理由は。

たけしのニッポンのミカタで、睡眠について放送されていました。

あなたは良い睡眠とれていますか?

明日のことが気になって、なかなか眠れない。

眠らなきゃと思うと余計に眠れない。

誰もが経験したことがあると思います。

そんなときの解決方法が意外でした!

<緊張して眠れない時の解決方法>

スライスした玉ねぎを枕元に置き、匂いをかぐことで眠ることができる。

tamanegi.JPG

え~!本当~って感じですよね。

そこで幼稚園で実験。

ガーゼの中にくし切りにした玉ねぎを入れて、ベッドに下に貼りつける。
玉ねぎがある組とない組に分かれてお昼寝開始。
玉ねぎ組は5/8人熟睡。
玉ねぎなし組は1/8人熟睡という結果がでました。

玉ねぎに含まれる刺激臭、辛み成分(硫化アリル)には、血行促進や自律神経に作用して落ち着かせる効果があると言われています。

緊張して眠れないという眠れない方、枕元に玉ねぎを置いてみましょう♪♪♪
ニオイが強すぎなれば、近くに置くと良いです。

もう一つの寝つきが良くなる方法は、暖かいものを飲む。
ホットレモン、ホット麦茶など。

そして寝室の注意点。

寝る直前に強い光を見るとメラトニンが減ってしまうので、間接照明を使いましょう。

また体温が下がる時に人間は眠くなるので、厚着だったり手首足首がしぼられていると体温が逃げないので、 体温がこもらないようなパジャマを選びましょう。

そしてベッド。
掛け布団をかけすぎると、寝返りがうてないので良くありません。

こういったことにも気をつけて、安眠を手に入れましょうね。

<正しく眠って痩せてキレイになる方法>

夜の3時から6時はダイエットの時間
・コルチゾールが増加
体に蓄積した脂肪などを燃やして眠っている間にエネルギーを作り出す。

夜12時から3時は美容の時間
・成長ホルモンが増加
骨や筋肉を作るためのホルモン
アンチエイジング効果もある。

睡眠は午前0時から午前6時にとると良い。
そして朝10までに太陽の光を浴びましょう。

睡眠時間を減らしたい場合は午前0時から午前6時を中心に短くする。

睡眠を短くするメリット
・寝つきが良くなる
・睡眠の質が向上する

その場合、昼寝を活用すると良い。

<正しい昼寝の方法>

・15分寝る
(短い睡眠は何度とってもOK)
・昼寝の前にコーヒーや緑茶などカフェインをとると、15分後すっきり起きられる。

足りない睡眠は週末に補うと良いそう。

こちらも参考にしてください。

認知症予防には睡眠が大事

睡眠不足の影響

骨を強くするホルモン「メラトニン」を増やす方法



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 スキンケア

応援クリックしてもらえると、かなり嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 優里 より:

    ついでに、夜中の咳(風邪など)にもそのタマネギは効きます。
    タマネギを2個に分割して、タッパに入れて(蓋は閉めず)枕元近くに置くといい。

  2. YUME より:

    玉ねぎは夜中の咳(風邪など)にも効くんですね!!
    食べなくてもすごい玉ねぎの効果にびっくりです。
    貴重な情報ありがとうございました。
    息子が風邪気味なので試してみたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です